布製エアダクトの組立方法

TEXAIRテキスタイル・ダクトはお客様のご要望に応じて、設置に必要な付属品をすべて揃えてお届けします。設置にはダクトの本数や長さにもよりますが、1~2日かかります。組立作業には脚立やタワーが必要な場合があります。

織物ダクトの設置方法

  • ケーブル1本に布製ダクトを取り付ける;
  • 2本のケーブルに布製ダクトを取り付ける;
  • 布製ダクトを1本または2本のプロファイルに取り付ける。

布製ダクトは、最小限の工具で簡単に取り付けられるため、金属製ダクトより優れており、取り付けが迅速かつ簡単です。

モノトラックケーブルでの布製ダクト組立例

壁にフックを取り付けます(1)。次にスチールケーブル(4)を組み立てます。特殊クランプ(3)は、エンドループを完成させ、ケーブルとターンバックル(2)を取り付けるためのもので、スチールケーブル(4)の張力バランスをとるために使用します。ターンバックルは壁フック(1)に接続されます。

スチールケーブルの取り付けが完了したら、次にケーブルタイ(5)を取り付けます。給気ダクトの場合は、互いに5メートルの間隔をあけて設置する。

布製空気ダクトの接続部分(9)は、設置場所の出口アダプター(11)に取り付けられ、特殊鋼バンドクランプ(10)で固定されます。

さらに、ダクト(7)にジッパー(8)を使って接続部(9)を取り付け、特殊クリップ(6)を使ってダクトをスチールコード(4)の下に吊り下げる。これらの組み立て作業は、ダクト全体の設置が完了するまで繰り返される。

組み立てが完了したら、システムを始動させる前にチェックします:

壁と天井にある壁フック (1) の完全性と安定性。

ケーブルの張力が適切か (4)。

ダクトとコンセントアダプター(11)を接続するスチールケーブルの取り付けを確認してください。

ダクトのさまざまなセグメントを接続するジッパーがすべて閉じていること。

システムに空気を供給する前に、空気震盪やダクトの爆発を避けるため、ダクトが設計の全長にわたって完全に広がっていることを確認することが非常に重要です。

Warning: Undefined variable $args in /home/o/olilweb/wp-texair.olilweb.beget.tech/public_html/wp-content/themes/testik-5ae13f/single-textile-ventilation.php on line 98 Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/o/olilweb/wp-texair.olilweb.beget.tech/public_html/wp-content/themes/testik-5ae13f/single-textile-ventilation.php on line 98

ご興味のある方