ファブリックダクトの計算と設計

布製エアダクトの設計で考慮される主な要因

ファブリックエアダクトの計算には、統一ツールTEXAIR-Sを使用します。それぞれの布送風ダクトの分配システムは、直近の具体的な設備、技術的な目的、調査された設備のパラメーターごとに計算されるため、設計段階では、供給される空気の温度、設備内の空気の温度、過剰圧力、ダクト内の空気の速度、作業エリアまでの距離、設備の構成、その他の要素を考慮します。エンジニアはTEXAIR-Sを使って、最適なダクトの直径と穴の最適な直径、穴の数量、軸とサスペンションの詳細に対するダクトの配置を計算します。これにより、作業ゾーンにおける相対風速の根拠が得られます。

TEXAIR-S統合ソフトウェア・ツールは、その目的を考慮した空気分配システムをモデル化する手段を提供します。空気加熱・空調の場合、空気の流れの動きは異なるため、施設内の様々な高さにおけるレイヤリング(成層)や空気のデッドゾーンを避けるために、熱力学的パラメータをすべて考慮する必要があります。

ある施設では、技術的なプロセスにより、空気流の局所的なゾーニングが必要となります。一方、作業ゾーンにおける空気流速の要件を遵守しながら、増量された空気量を放出しなければならないこともしばしばあります。TEXAIR-S統合ソフトウェアツールは、対応する計算を行い、システムに対応する排出コンポーネントを正しく選択する手段を提供します。

布製エアダクトからの熱エネルギーの放出

布製エアダクトに求められる主な条件は、ラインの全長にわたって連続的で均一なエアフローを確保することです。そして、TEXAIRエアダクトはこの目的に奇跡的に対応します。

しかし、ラインが著しく長い場合、布製ダクトを通過する空気は、供給される空気と設備内の空気の温度差によって生じる熱損失により、熱エネルギーを失う可能性があります。したがって、織物ダクト内の空気温度は、末端セグメントの温度と異なることになる。

これは、長さが等しい6つのセグメントで構成された60mのダクトを示したグラフNo.1を見ればわかる。

連続気流による熱エネルギーの分配

熱エネルギーの均等な分配を確保するためには、ダクトの全長に沿った熱損失に応じて空気の流れを増大させる必要がある。

均等なエネルギー分配のためのエア・エミッション

ラインの長さがそれほど長くなかったり、複雑な構成になっていたりする場合は、冷房や暖房を最適化するために、ゾーン式空気分配が最適な選択肢となる。

圧力

織物空気分配の動作原理の基礎にあるのは、連続静圧の原理である。そのおかげで、システムの全長にわたって均一な空気分配を実現できるのです。

風速はダクトの終端に向かって内部で低下するため、静圧の上昇が観察されます。ダクトの全長にわたって均等な面積分布を確保するため、設計段階でこのサイズを考慮するのはこのためです。

TEXAIRの専門家が推奨する静圧は60~500Paです。しかし、吸引システムはもっと大きな圧力レベルで作動するため、そのようなプロジェクトも計算します。

ダクト径の選択

布製ダクトの直径は、風量とダクト内に必要な流速という2つの主要パラメータに基づいて選択される。この流速は通常、金属製ダクトの場合、SNiPの施工規則や規定によって規制されていますが、繊維製ダクトの場合、金属製ダクトに比べて騒音の発生量が大幅に少ないため、流速の上限値が引き上げられることがあります。繊維ダクトの許容風速は6~10m/sです。

Warning: Undefined variable $args in /home/o/olilweb/wp-texair.olilweb.beget.tech/public_html/wp-content/themes/testik-5ae13f/single-textile-ventilation.php on line 98 Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/o/olilweb/wp-texair.olilweb.beget.tech/public_html/wp-content/themes/testik-5ae13f/single-textile-ventilation.php on line 98

ご興味のある方